本当なの!?『Rのつかない月の牡蠣を食べるな』

『Oyster should not be eaten in any month whose name lacks an “r”.』
「Rのつかない月の牡蠣を食べるな」ということわざをご存知の方は多いと思います。
欧米の古いことわざだと言われていますね。
具体的に言うと、暦の月の英語表記において、「R」が含まれない月である
5月=May、6月=June、7月=July、8月=August
つまり、5月~8月は牡蠣を食べるな、という言い伝えです。

その理由については、単純に「美味しくないから」ですとか「牡蠣の危険な時期であるから」と言われることが多いようです。
そこで今回は、このことわざについて少し掘り下げてみたいと思います。またここ、日本でも、このことわざが当てはまるのかも考えてみました。

まず、牡蠣の種類について。このことわざが生まれた頃、ヨーロッパで食されていた牡蠣はどんなものなのでしょうか。それは、「ヨーロッパヒラガキ」だと考えられます。ヨーロッパでは、古代ローマ人がこのヨーロッパヒラガキを食べるために畜養池を作った記録があるほど古くから美食の対象でした。それ以降もカキ類の生産の大部分はこの種が占めていたため、Common oyster(普通の牡蠣)と言えば、このヨーロッパヒラガキのこと指していました。しかし、1970年代以降、このヨーロッパヒラガキは、度重なる病気のまん延によって壊滅的な被害を受けました。現在、ヨーロッパで食されているCommon oyster(普通の牡蠣)は、実は日本を起源とする真牡蠣なのですよ。

さて、北半球では、「Rのつかない月」つまり5月から8月にかけては、水温が上がり牡蠣が雄と雌に分かれて繁殖(産卵)の準備をする時期です。つまりこの時期は、卵を持っているのです。卵を持った牡蠣の味が嫌われること、そして産卵して身が細った牡蠣は確かに美味しくありませんので、「Rのつかない月の牡蠣を食べるな」と言われる理由のひとつのように思われます。
しかし一方で、「牡蠣は生殖器の発達に合わせて毒が出来るのでこの時期は危険」という類の情報は全く事実ではありません。生殖器に毒が出来るなんてことは起こらないことが科学的に証明されています。これは、この時期、ヨーロッパヒラガキや真牡蠣を開けてみると、ドロドロとした液状の卵が流れ出してきて一見、毒のように見えることも関係しているかもしれませんね。

では、単純に味覚の問題からこのことわざが出来たのでしょうか?
実は、このことわざ、フランスで生まれたものだと言われており、味の面だけでない理由も確かにあるようです。
それは、今から250年以上前、1752年、パリで出された法令がきっかけだったと言われます。その時代にはまだ冷蔵技術が発達しておらず、海から遥か離れたパリまで鮮度を保って牡蠣を運ぶことが難しかったと考えられます。ですからその時期は、輸送中に牡蠣が悪くなってしまう事も多かったのではないでしょうか。つまり、冷蔵技術や輸送手段の発達した現代においては、この限りではないと言えそうです。

さてさて、では次に、ここ日本の場合で考えてみたいと思います。このことわざは当てはまるのでしょうか?
日本では初夏から旬を迎える岩牡蠣がありますよね!実は、岩牡蠣は、冬場に旬を迎える真牡蠣とは違う種類の牡蠣です。
真牡蠣と岩牡蠣では、卵の形成と産卵のメカニズムが違います。そのために、美味しく食べられる時期が変わってくるのです
真牡蠣は、軟体部の広範囲に生殖細胞が形成されるので産卵期には身の表面に卵が見えるようになります。また一気に大量に産卵するために身がやせ細り、所謂「水牡蠣」の状態になるのです。牡蠣の旨味成分であるグリコーゲンの量も減少します。
一方、岩牡蠣はどうかと言いますと、軟体部は部分的にしか生殖細胞化しません。また産卵は少量ずつ回数に分けて行います。つまり夏場もやせ細る事がなく、グリコーゲンも豊富に蓄えているのです。
日本では、この岩牡蠣の存在があるので「Rのつかない月」でも美味しい牡蠣にありつけるということになります。
加えて、日本は南北に長い国。同じ時期でも場所によって水温の差がかなりあります。例えば、気仙沼では6月いっぱいは真牡蠣を楽しめますし、北海道の厚岸では通年で真牡蠣を出荷することが可能です。

このように考えてみると今の日本では必ずしもこのことわざは当てはまらず、「Rのつかない月」でも美味しく安全な牡蠣を食べることが出来ると考えても良いのではないでしょうか。牡蠣の種類や生態を少し知ってみると、より安心して楽しむ事が出来ますね。
5月から8月にかけて気温があがってきた季節に冷えた白ワインやシャンパンと一緒に楽しむ岩牡蠣は、最高の季節の味覚です!皆さまにもぜひ、楽しんでいただけたらと思います。

記事一覧へ戻る >

クニヒロの商品一覧

現在、商品はございません。

おすすめ商品

【※12/1~のお届け】絶品の手作り大粒かきフライ20粒

価格: 2,682 円(税込)

期間限定10%OFF!!大人気大粒のカキフライ!

【※12/1~のお届け】広島県産カキフライ 瀬戸内レモン味24粒

価格: 2,160 円(税込)

何もつけなくても美味しいレモン味のカキフライ!

【※12/1~のお届け】オイル漬けセット(かきx2)

価格: 2,700 円(税込)

ギフトにオススメ!色々なお料理にお使いいただけます!

【※12/1~のお届け】広島県産カキフライ カレー味24粒

価格: 1,701 円(税込)

スパイシーなカレー味のカキフライです!!

【※12/1~のお届け】鰻の蒲焼きセット

価格: 5,832 円(税込)

1尾1尾手焼きで丁寧に焼き上げました。


ページの先頭へ